お知らせブログ

格安ケース入荷!

アイフォン即日修理のスマートクールMOMOテラス伏見桃山店です。

画面割れやバッテリー劣化、水没の修理は当店にお任せください。

 

当店は修理だけでなくアクセサリー販売もしています。

iFaceなどを中心としたアイフォンケースやイヤホン、充電器、バンカーリングなど様々に取り揃えております。

======================================

格安(税抜980円)ケースは先月末より販売を開始し、ご好評頂いておりました。

最近は在庫不足でご迷惑をおかけしました。

この度新たに十分な在庫を入荷しましたので、そのことをお知らせいたします。

サイズも5種類用意しており、ほとんどのスマホに適応しているそうです。

======================================

今回は、全機種対応と特定機種専用のスマホケースの違いを紹介します。

 

〇固定方法

専用のケースは、その機種にピッタリ合う枠があるので、そこにスマホをはめればいいだけです。

 

全機種対応のケースは、スマホの裏面を粘着シートで固定します。

スマホは機種によって大きさや形が違います。

決まった枠ではスマホがうまく固定出来ないのです。

 

☆枠が無いと、スマホの側面がカバーできません。

全機種対応のケースで側面を守りたいのでしたら、少し大きめのサイズのケースを選ぶと良いでしょう。

 

〇カメラ穴

基本的にケースは手帳型でもそうでないのでも、本体を固定する側にリアカメラ用の穴が空いています。

機種によってカメラの位置や形は様々です。

合わない物を使えば上手く写真がとれません。

 

しかし、全機種対応ケースにはカメラ用の穴がありません。

全機種対応ケースは基本、粘着シートの台が上下に動きます。

写真を撮る時は、スマホを台ごと上にスライドします。

カメラがカバーの上まで出てきて撮影出来ます。

人によっては面倒だと思われる方もいるでしょう。

 

〇形

今のところ全機種対応ケースは手帳型しかありません。

「手帳じゃない方」はスマホをケースの枠で固定するものなので全機種対応できません。

枠があるとカメラを出すためにスマホをずらすこともできません。

 

 

全機種対応ケースは専用ケースと比べて基本性能は低いです。(総合的に見て)

ただ、機種によってはなかなか専用のケースが見つからない場合もあります。

ケースをしているのとしていないのでは、落した時の結果が大きく変わります。

そういった場合は全機種対応のケースをご利用されてはどうでしょうか?

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら