お知らせブログ

みなさんがよく使うBluetoothの豆知識

各線六地蔵駅から徒歩10分圏内!

アイフォン修理のスマートクールMOMOテラス伏見桃山店です。

即日、最短15分から!

画面割れ、バッテリー劣化、水没等の修理はお任せください。

即日対応可能な上、バックアップ・予約は、共に不要

修理の待ち時間もショッピング、お食事等をされながらお待ち頂いて問題なし!だから、待ち時間も安心!

気軽にご来店ください。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

本日は、みなさんがよく使う「Bluetooth」の豆知識です。

AirPodsなどを付けている人をよく見かけます。

完全ワイヤレスイヤホン、便利ですよね!僕もいつも使ってます。

そんな便利「Bluetooth」ですが、ほとんどの方が何の気なしに使用していると思います。

そんな「Bluetooth」の名前の由来、どこで生まれたかなどはご存知ですか?

今日はそんなことを紹介していきます。

先ずは、いつどこで生まれたのか。

1999年にスウェーデンの世界最大手通信機器メーカーであるエリクソン社を筆頭とした5社が「Bluetooth 1.0」を発表したのが最初です。

そこから「Bluetooth」対応機器が発売されていきました。

次に名前の由来です。

Bluetoothを直訳すると「青い歯」ですが、これは10世紀のデンマーク王、ハーラル1世の異名「青歯王」から取られています。

ハーラル1世はデンマークとノルウェーを平和的に統一したことで知られる人物。当時乱立していた無線通信規格をまとめ、新しい無線規格で複数機器(パソコンと携帯電話)をつなぎたいという思いから、功績にちなんで「Bluetooth」と名付けられました。青いロゴマークも、ハーラル1世(Harald Blåtand)のイニシャルをルーン文字で表し、それを組み合わせて作られています。

みなさんが何の気なしに使っている「Bluetooth」の名前の由来と誕生した所の紹介でした。

お友達などにふとした会話の中で、問題など出してみてはいかがでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

店舗情報

 

店舗名 スマートクール MOMOテラス伏見桃山店
住所 〒612-8002
京都府京都市伏見区桃山町山ノ下32 MOMOテラス 2階
電話番号 075-574-7546
営業時間 10:00〜21:00 年中無休

 

店舗名 スマートクール アル・プラザ城陽店
住所 〒610-0111
京都府城陽市富野荒見田112 アル・プラザ城陽 2階
電話番号 0774-66-4222
営業時間 10:00~21:00 年中無休

 

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら