iPhone

液晶画面と有機ELの違い

アイフォン修理のスマートクールMOMOテラス伏見桃山店です。

画面割れ、バッテリー劣化、水没等の修理は当店まで!

・バックアップ不要

・予約不要

・即日修理

ホームページへ

 

=============================

 

新しいiPhoneの一部で有機ELという画面の技術が使われています。

これまでの液晶画面と比べて、有機ELの方が画面としてかなり高価です。

高価な分、液晶より「良い」のだろうということは分かります。

 

今回は液晶画面と有機ELの違いについて簡単に説明します。

 

 

=================================

 

・光の3原色

全ての光は「赤、緑、青」の3色の強弱で表現できます。

パソコンやテレビの画面の白いところを近くで見ると、とても小さな3色に光る点(ドット)が見えます。

液晶画面も有機ELもこの光の3原色を利用して画面を表示しています。

 

=================================

 

・液晶や有機ELって何?

液晶とは物質の三態(固体、液体、気体)における、液体と固体(結晶)の中間の状態を指します。

固体と同様に一定の形を保ちますが、外部から電気などの力を加えると液体のように分子が移動する性質があります。

液晶画面には有機物の液晶が使われています。

 

有機ELは有機 Electro Luminescence の略です。

日本語に翻訳するなら、有機(物)電気発光といった感じで、

電気を流すと発光する「特殊な有機物」とその「発光現象」を指す言葉です。

 

 

・層構造

:液晶

液晶画面は6層構造です。

・3色の液晶の層

・2つの透明な電極(電線)の層

・2つの偏光板の層

・バックライト

 

(偏光板)

(電極)

 


↑バックライト

 

 

:有機EL

それに対して有機ELは3層だけです。

・3色の有機ELの層

・2つの透明な電極の層

 

 

・有機ELの利点

:液晶

液晶画面は、画面が点いている間は常に後ろからバックライトで照らされています。

色を調整するときは、偏光板と液晶の特性を使って表示しない色を通る光をさえぎります。

ですが100%は遮断できず、ごくわずかな光が通りぬけます。

黒が微妙に明るかったり、他の色が若干まざったりします。

 

 

:有機EL

有機ELはそのものが光るので、別の光源は必要としません。

それぞれの色の点すべてが別々にON/OFF の切り替えができて、完全な黒を表示することも可能です。

不要な色が混ざることもありません。

 

有機ELの一番の利点はこの光の漏れがないことでしょう。

色の強弱、コントラストが明確になり、より鮮やかな映像を表示する事が出来ます。

 

また色の切り替えが速く、より滑らかな映像にもなります。

 

 

========

 

 

有機ELが使われているのはiPhoneX, XS, XSMax, 11Pro, 11ProMax の5機種のみです。

映像にこだわるという方は是非

 

当店では、有機ELパネルの画面交換もしています。(該当機種のみ)

 

===============================

店舗情報

ホーム

店舗名 スマートクール MOMOテラス伏見桃山店
住所 〒612-8002
京都府京都市伏見区桃山町山ノ下32 MOMOテラス 2階
電話番号 075-574-7546
営業時間 10:00〜21:00 年中無休

 

店舗名 スマートクール アル・プラザ城陽店
住所 〒610-0111
京都府城陽市富野荒見田112 アル・プラザ城陽 2階
電話番号 0774-66-4222
営業時間 10:00~21:00 年中無休

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら