iPhone

静電気Part2 対策アイテム

アイフォン即日修理のスマートクールMOMOテラス伏見桃山店です。

 

画面割れ、バッテリー劣化、水没復旧などの修理は当店まで。

 

・即日対応

・予約不要

・バックアップも不要!

 

=================================

11/21(水)になぜ静電気が精密機械にとって危険なのかを紹介しました。(リンク)

 

その最後に少しだけ静電気対策アイテムを紹介しました。

“白い輪っか” と “机に貼っただけの黒と橙のシート ” です。

お客様に安心して修理の依頼をいて頂けるために、これらがどのようにして静電気除去をしているのか紹介します。

 

・シリコンバンド(白い輪っか)

シリコンラバーと言って、シリコンをゴム状に加工したもので作られています。

シリコンはその名前を聞いたことがある人が多いでしょう。

半導体(LEDとか集積回路とかの材料)として有名です。

 

このシリコンバンドは腕に巻いて使います。(見れば分かりますね(^_^;))

コロナ放電というゆっくりと空気中に電気を逃がす方法で、人体に溜まった静電気を減らしてくれます。

 

放電がとてもゆっくりなので、作業する時以外にも着けておいた方がよさそうです。

 

・放電シート(黒いシート)

本当に”黒いシート”を机に貼っているだけです。

これもおそらくシリコンラバーで出来ています。

こちらは、アース(接地)と言う方法で静電気を除去します。

 

アースは非常に簡単な放電方法で、地面に手を付けるだけで行えます。

地面に電気を逃がすのです。

 

人は普段靴やスリッパなど、電気が通らない物を足に履いています。

そうすると、服で発生した静電気はほとんど放電されずに身体に溜まります。

 

溜まった電気はドアなどの金属を触った時に一気に流れて、基本的に最後は地面に流れます。

“一気に放電”によって、衝撃(痛み)があったり、火花が発生したりします。

逆に、ゆっくり放電すれば痛みや火花は起きません。

 

 

ということで、当店で使用している静電気除去アイテムは科学的根拠に基づいたものだということがお分かり頂けたと思います。

今後も安心して当店をご利用くださいませ。

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら