iPhone

iPhone iPad修理 ブログ|スマートクールモモテラス伏見桃山店

iPhone iPad修理 のブログを始めました!

 

iPhone修理 ・iPad修理・スマホ修理

スマートクールモモテラス伏見桃山店

お問い合わせは075-574-7546まで

WEB予約はこちら→予約する

iPhone iPad修理 ブログ

 


 

iPhone iPad修理 ブログ 

 

2021/10/28 木曜日

 

Tensorチップ、AI処理性能でA15 Bionicに負ける~Geekbench

 

Pixel 6の画像

GoogleのPixel 6/6 Proに搭載されたTensorチップは、高い人工知能(AI)性能を備え、それによって強力なカメラ機能や翻訳機能を実現しています。
 
しかしながら、Geekbenchの機械学習ベンチマークを実行したところ、TensorチップのスコアはAppleのA15 Bionicに劣るものであったことがわかりました。

機械学習スコアでA15 Bionicに劣ったTensor

機械学習性能のベンチマークであるGeekbench MLを、GoogleTensorチップとAppleのA15 Bionicに対して実行した結果は以下のようになりました。
 

Tensor A15 Bionic
TensorFlow Lite(CPU) 307 939
TensorFlow Lite(GPU) 1,428 2,268
Neural Accelerator 1,720 2,727
Total 3,455 5,934

 
この総合性能(Total)のスコアを単純に比較すると、A15 BionicはTensorチップに対してAI処理性能が約71%高いということになります。

AIにおいて処理性能とユーザー体験は別物

ただし、CPUやGPUと異なり、AIでは処理性能とユーザー体験は別物です。
 
たとえ素晴らしいAI処理性能を備えていたとしても、それを活かす応用がなければ意味がありません。
 
また、AI処理は使用するモデルが重要であり、そのモデルを効率的に演算処理できるかどうかがAIアクセラレータの肝となります。
 
その意味で、AIに関して膨大なノウハウを持ち、その知見に基づいたハードウェアになっているであろうTensorチップは、Geekbenchの結果だけではA15 Bionicに対してAI処理の観点で劣っているとはいえません
 
GoogleもTensorチップに関して、「ベンチマーク性能ではなく体験を重視した設計」であるとしています。

 
 
Source: Notebookcheck via Gizmochina
(ハウザー)

 


 

2021/10/06 水曜日

 

「Android 12」が正式リリース–まず「Pixel」スマホに配信へ

 

米Googleは10月4日(現地時間)、「Android 12」の公式版をリリースしたと発表した。向こう数週間でまずは「Pixel」シリーズで、年内にSamsung Galaxy、OnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、Xiaomiの端末でもアップデートが可能になる見込みだ。

 12

 Android 12の一般ユーザー向けの新機能としては、新しいユーザーインタフェースの「Material You」、デザインし直されたウィジェット、新しいプライバシーダッシュボード、プライバシーに配慮したマイクとカメラのインジケータなどがある。

 12 2ウィジェット(左)、プライバシーダッシュボード

 Googleはまだ次期オリジナル端末「Pixel 6」シリーズの発表時期は発表していない。この端末にはAndroid 12がプリインストールされている見込みだ。

 

参照元リンク:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2110/05/news078.html

 

 Googleは米国時間10月4日、「Android 12」を正式にリリースし、「Androidオープンソースプロジェクト(AOSP)」にソースコードをプッシュすると発表した

Android 12
提供:Shutterstock

 Android 12は同社の「Pixel」スマートフォン向けに「今後数週間以内に」リリースされるという。他のデバイスについては、年内にサムスンや一加科技(OnePlus)などのスマートフォンで順次リリースされる見込みだと、GoogleはAndroid Developers Blogで述べた。

 同社によると、Android 12のベータプログラムには22万5000人以上が参加し、5万件近い問題が報告されたという。

 同社は「Android Dev Summit」を27〜28日に開催する予定で、Android 12に対応するアプリの準備を開発者に呼びかけている。

 Android 12は2月に開発者向けベータ版が初めて公開された後、5月初めにパブリックベータ版が公開された。それ以降、機能の追加やデザインと機能の調整など、数回アップデートされている。

 Android 12には多数の新機能が盛り込まれており、このモバイルOSにとって史上最大となるデザイン変更もその1つだ。また、プライバシーに関連する機能もいくつか改善されている。

 

参照元リンク:https://japan.cnet.com/article/35177550/

 


2021/10/01 金曜日

 

Y!mobileがiPhone 12/12 miniを値下げ ヤフー店の特典もリニューアル

 

Y!mobile公式オンラインストアは、9月24日にiPhone 12/12 mini機種代金を値下げした。

iPhone iPad修理 iPhone 12/12 miniを値下げ

 新規/MNPの場合に最大1万8000円割引となり、iPhone 12(64GB)は7万7040円(税込み、以下同)、iPhone 12 mini(64GB)は6万4800円となる。オンラインストアでは3300円の事務手数料と送料を無料で受付している。

 また、10月1日からヤフー店の特典をリニューアル。これまで「5のつく日・日曜日」で適用となっていた特典がいつでも対象となり、iPhone/スマートフォンの契約で最大8555円相当のPayPayボーナスがもらえるようになる。また、SIM契約特典も最大1万円相当(シンプルM/Lの場合)のPayPayボーナスとなる。特典の付与には申込前にエントリーする必要がある。

iPhone iPad修理 ヤフー店の特典をリニューアル

 

 

参照元リンク:https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2109/30/news111.html

 

新しいPixel 6 Proのベンチマーク結果が登場~Pixel 5より大幅性能向上

 

 
Googleは、新型スマートフォンであるPixel 6およびPixel 6 Proの発表および発売を間近に控えているといわれています。
 
Pixel 6シリーズにはGoogleが独自開発したTensorチップが搭載されますが、その新しいベンチマークスコアが登場し、Pixel 5に比べて大幅な性能向上をみせました。

GeekbenchにCPUのベンチマークスコアが投稿される

新たなベンチマークスコアはGeekbenchに投稿されました。それによると、Tensorチップに搭載されたCPUのシングルコアのスコアは1,034ポイント、マルチコアのスコアは2,756ポイントであったとのことです。
 
iPhone iPad修理
 
Snapdragon 765Gを搭載したPixel 5は588/1,597でしたので、これに比べるとPixel 6 Proは大きな性能向上が見込めそうです。
 
一方、現行のフラッグシップSoCの平均スコアは、QualcommのSnapdragon 888は1,121/3,599、SamsungのExynos 2100は1,070/3,392です。
 
TensorチップのCPU性能は、Snapdragon 888に対してシングルコアで-8%と近い一方、マルチコアでは-23%と大きな差がつきました。
 
また、AppleのiPhone13 Proに搭載されたA15 BionicのCPUスコアは1,729/4,582となっており、さらに大きな差があります。

さらにスコアが伸びる可能性も?

以前投稿されたTensorチップのGeekbenchにおけるCPUスコアは、414/2,074および881/2,938であり、2番目の結果から比べると今回の結果はシングルコアでは伸びたものの、マルチコアでは逆に下がっています。
 
このことから、Googleは現在、最適化に取り組んでいる可能性があり、最終版ではさらにスコアが伸びるかもしれません。
 
Pixel 6シリーズは10月19日に発表、10月27に発売されることが予想されており、価格はPixel 6が約77,550円、Pixel 6 Proが約108,680円という試算結果があります。

 
 
Source: Geekbench via PhoneArena, Notebookcheck
(ハウザー)

 

参照元リンク:https://iphone-mania.jp/news-407353/

 

 


 

2021/09/30 木曜日

 

Google、iPhone13のホーム画面をAndroid風にする方法を紹介

 

Googleが公式ブログ「The Keyword」において、ウィジェットを使ってiPhone13のホーム画面を「Android風」にする方法を紹介しています。

ホーム画面にGoogle推薦ウィジェットを並べてみる

Android風というのか、要するにiPhone13のホーム画面を「Googleのアプリで埋め尽くしてしまおう」ということです。
 
Googleは「私達が選んだウィジェットでホーム画面をパーソナライズしましょう」と提案、4種類のホーム画面を紹介しています。ウィジェットのカスタマイズ方法は「ウィジェット画面のカスタマイズ方法」の記事を参照してください。

4種類のホーム画面を提案

1つ目は「Webを検索、通勤経路をチェックして、最近のワークアウトを見直し、プレイリストでお気に入りの音楽をかける」、朝のルーティンにぴったりのホーム画面です。
 
Morning-view-iPhone.max-1000x1000
 
2つ目は忙しいスケジュールに追われる人向けのホーム画面です。Googleカレンダーで予定を確認、GmailとGoogle Driveがチェックできます。
 
Work-view-iPhone.max-1000x1000
 
3つ目は学生向けのホーム画面です。
 
Student-view-iPhone2.max-1000x1000

 
4つ目はホーム画面をできるだけシンプルにしたい人向けです。「Smart Stack」を使えば、アプリをフォルダに整理する感覚で、同じサイズのウィジェットを重ね、一カ所にまとめることができます。
 

 

 
そして当然といえば当然ですが、最後にChromeをデフォルトブラウザとして設定するよう推奨しています。

 
 
Source:The Keyword/Google via PhoneArena
(lunatic)

 

参照元リンク:https://iphone-mania.jp/news-406934/

 

 


2021/09/25 土曜日

 

毎度どーも!

今月でひとまず緊急事態宣言は解除されそうですこし複雑な私です。

 

緊急事態宣言が解除されるという事は、

時短営業がなくなりバイトの時間が増えます。

 

これは私にとっては嬉しいことです。

 

しかし、

同時に人の往来が増えることで感染がまた広がってしまうのでは

という懸念があります。

 

これは良くないことです。

 

私はお酒をほとんど飲まない為、

飲食店の時短営業によるダメージはあまりありませんでしたが、

バイトの時間が削れてしまう事は死活問題です。

 

単純に1日で稼げる時間が無くなってしまう訳ですから、

もらえていたはずの給料がもらえなくなってしまうという訳です。(小泉構文風)

 

お仕事が無くなってしまったわけではないので

めちゃくちゃ困ったというわけではないですが、

すこしでも貯金を増やしておくに越したことはありません。

 

しかし、

日本の仕組み的に貯金するよりもローンを組んだ方が経済が潤うみたいです。

人が借金をする事で信用と言う形でお金が生まれるからです。

 

また、

貯金をする事は税金で減ってしまい、お金自体が育たないため増えることがありません。

 

それでも、

私が貯金を選んでいるのは、今あるおかね自体があまりにも少ないからです。

ローンをするための信用があるかどうかはわかりませんが、

あったとしても今現状それをしてもあまり意味がありません。

ただただ怖いだけでストレスの原因になってしまうだけです。

 

万が一、何かあった際はその時にでも考えればいいですし、

そもそも何か数字が増えることは何となく嬉しいです。

 

それなら、

バイトじゃなくもっと稼ぎのいい就職先を見つけるべき

という意見は至極まっとうすぎて返す言葉が無いわけですが、、、

 

就職と言う選択を考えていないわけではなく、

このまま就職しようにもどこにも活躍できる場がないのが現状です。

 

現状やりたいことをやって生きていて、

あまり苦痛を感じる機会は少ないです。

 

このまま形が変わろうともしっかりと対応して続けていこう

くらいの気概はあります。

 

これからも

この仕事を自分の中で発展させつつ

いろいろなものを直せる人を目指して頑張ります。

 


2021/09/22 水曜日

 

毎度どーも!

ソシャゲのガチャは朝起きてすぐ派の私です。

 

昨日、通勤中にガチャを100連ほど引いてしまい、

みごとに大爆死しました、、、

 

今日の朝に10連分の石を貰えたので引いてみました。

すると、

なんと狙っていたキャラが大当たり!

 

前々から、起きてすぐガチャを引くと当たりやすかったので、

もしかするとそういう体質?それともシステム?なのかもしれませんね。

 

話は大きく変わりますが、

先日Appleからios15がリリースされました!

 

iPhone6sまでの端末はインストールすることができるみたいです。

 

こうしたアップデートはできるだけこまめに行いましょう!

 

アップデートをしていないことで

何かしら不具合が出ることがあります。

 

最初、原因不明の不具合が起こった端末も、

アップデートをする事で直るといったことが度々ありました。

 

iPhoneの物理的な破損が無いのに不具合が発生した場合は、

一度アップデートが来ていないか、

なければ再起動を試してみてください。

 

これはiPhoneに限った話ではありません。

 

Androidやそのたスマホだけじゃなくパソコンなどにも

このことが言えます。

 

なかにはアップデートをしたことによって

バグや不具合が発生することがありますが、

その際は、またそれを直すためのアップデートが来ます。

 

これは定期的に来るため

こまめに確認することが必要ですね。

 

また、

アップデートをする際に気を付けないといけないことが、

データ容量の不足です。

 

ここでいうデータ容量とは、

いわゆるカバンのようなイメージです。

 

64GB,128GB,256GBなどの種類があります。

 

この空きが最低でも10GBないと

リンゴループと言う症状に陥ってしまうことがあります。

 

突然電源が落ちたり、処理が全くできず電源を落として再起動をした際に、

起動時に出てくるリンゴのマークを何度も何度も出てくるという症状になります。

 

これはデータ容量不足の際によく見られる故障になります。

 

写真や動画をたくさん撮る方や、アプリをたくさん取得される方はお気を付けください。

 

上記以外でリンゴループに陥った場合は、

バッテリーの劣化やその他パーツの故障が考えられるため、

ぜひスマートクールMOMOテラス伏見桃山店までお問い合わせください!

 


 

GoogleMap↓

 

Google口コミ↓

https://g.page/r/CVujNSMdCrOoEAE

 

 


 

ブログ育成中

ブログを育てる ことにしてみた。|スマートクールイオンモール久御山店

 

 

ホームページ↓

https://smartcool-fushimi.com/

店舗概要

予約サイト↓

https://select-type.com/rsv/?id=BAZ5si5zZKI

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら