iPhone

iPhone14はminiがなくなり plusではなくmax になるとの噂話

iPhone14はminiがなくなり plusではなくmax

 

iPhone修理 ・iPad修理・スマホ修理

スマートクールモモテラス伏見桃山店

お問い合わせは075-574-7546までお気軽にお問い合わせくださいませ!

WEB予約はこちら→予約する

iPhone14はminiがなくなり

 

 


 

2021/11/18 木曜日

 

iOS 15.1.1 提供開始、iPhone12 / iPhone13 の通話音声の途切れ改善

 

 

Apple は「 iOS 15.1.1 」を提供開始した。iPhone 12 とiPhone 13 の各機種で、通話中に音声が途切れる現象を改善するとしている。

 

 

 

 

iPhone14はminiがなくなり plusではなくmaxになる模様

安くて画面の大きな「iPhone 14 Max」発売ほぼ決定か、販売不振でmini廃止へ

 

 

iPhone14Plus ではなく、iPhone14Max になるとの見通しか、、、

 

「老眼の親に画面の大きなiPhone を使わせてあげたい。でも Pro Max は高すぎて手が出ない」
そんな悩みがようやく解決されそうです。

 

詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Apple が「 iPhone14mini 」の開発を打ち切った可能性があるそうです。

 

これはiPhone12mini 、 iPhone13mini の販売が伸び悩んだことを受けたもの。
代わりに画面が大きくお手ごろ価格の「 iPhone14 Max 」を投入するとみられており、iPhone14シリーズ は以下の4モデルで構成されることになります。

・6.1インチ
iPhone14 、 iPhone14Pro 

・6.7インチ
iPhone14Max 、 iPhone14ProMax 

「カメラにはこだわらないけど、画面は大きい方がいい」というニーズにもぴったりの iPhone 14 Max 。

miniシリーズ に「本体の発熱」「バッテリー容量が小さい」などの弱点があったことを考えると、合理的な選択肢かもしれません。

 

 

 

 

iPhone14「Touch ID」 復活か、「折りたたみiPhone」はまだまだ先の予定か

 

 

「Face ID だけだと マスク している時に不便」という声に、ようやくApple が応えます。

 

詳細は以下から。


海外メディアの報道によると、Apple が iPhone14 シリーズ以降のモデルで「 TouchID 」を採用する見通しだそうです。

これはかつてのような物理的なホームボタンを復活させるという意味ではなく、画面内に指紋認証センサーを備えることで実現するもの。

おそらく画面内指紋センサー技術が成熟してきたことを受けたものとみられ、 FaceID と TouchID の両方を用いることで、生体認証の精度向上も期待できます。

また、Apple 関連の リーク情報 でおなじみの Kuo Ming-Chi 氏は2024年に「 折りたたみiPhone 」が登場するとコメント。しかし製品化はあくまで関連技術がどれだけ成熟するか次第のようです。

 

 

 

 

iPhone14、M2搭載MacBook Airなど来年の新製品に関する噂まとめ

 

MacBook Air 2022 AH

 

iDropNews が、Apple製品のリーク情報 を発信しているLeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)との間で質疑応答を実施、2022年に登場する新製品に関する噂と予想を伝えています。

 

2022年に登場する新製品は?

LeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)は、iPhone14シリーズ、 M2チップ搭載MacBook Air 、 27インチiMac後継モデル 、新型モニターなど、2022年の登場が噂される新製品に関するiDrop Newsの質問に回答しています。
 

iPhone14シリーズについて

LeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)は、iPhone14シリーズ のラインナップと Touch ID搭載 の可能性について、 6.1インチディスプレイ 搭載モデルが2種類、 6.7インチディスプレイ 搭載モデルが2種類になり、miniモデル が廃止、Proシリーズのプロトタイプでディスプレイ下埋め込み型Touch IDがテストされているが実現するかは不明と述べています。
 
iPhone14 シリーズのノッチは、Proシリーズ がパンチホールデザインに、6.1インチ と6.7インチ の ベースモデル は iPhone13 と同じ大きさのノッチを採用すると同氏は予想しています。
 

M2チップ搭載MacBook Airについて

M2チップ搭載MacBook Airは2022年の第3四半期(7月〜9月)に発売されると予想、ミニLEDディスプレイを搭載することで、現行モデルよりも販売可価格が高くなる可能性が高いようです。
 
M2チップ搭載MacBook Air発売後も、現行モデルの販売は継続されるようです。
 

27インチiMac後継モデル 

LeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)は、27インチiMac後継モデルは2022年の12週目、3月中旬に発売されると、LeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)は伝えています。
 
同氏によれば、27インチ後継モデルとは別に、32インチディスプレイを搭載するMacデスクトップも開発されているようですが、このモデルはiMac Proと呼ばれるかもしれないとのことです。
 

新型モニター 

Appleは、新型モニターを開発しているようですが、2022年内に登場するかは不明で、販売価格は1,499ドル(約167,000円)以下になることはないというのがLeaksApplePro氏(@LeaksApplePro)の予想です。

 

折りたたみiPhoneは2023年以降 

 

同氏は折りたたみiPhoneに関する iDrop News の質問に対して、縦に折りたたむタイプと横に折りたたむタイプの2種類が開発中で、2023年以前に発売されることはないと答えています。
 

 
 
Source:iDrop News via Notebookcheck
Photo:Apple Hub/Facebook

 

 

 

 

iPhone14用高性能レンズ を Largan Precision が独占供給

 

iPhone14 FPT_25

 

台湾メディア工商時報が、iPhone14用高性能レンズをLargan Precisionが独占供給すると報じました。

 

iPhone14シリーズ が 8Pレンズ 搭載か

Largan Precision の 8Pレンズ (プラスチックレンズ8枚構成)は Xiaomi のスマートフォンに搭載されているのに加え、iPhone14の広角リアカメラの8Pレンズも同社が独占供給すると工商時報が報じました。
 
これにより、下落が続くLargan Precisionの株価は2022年には上昇に転じると期待されています。
 
同社の 8Pレンズ の技術は依然、他社製品と比べて大きな優位性を誇っていると工商時報は述べています。

 

iPhone14 Proの広角カメラは4,800万画素?

アナリスト のミンチー・クオ氏 は、iPhone14Proシリーズ の 広角カメラ には 4,800万画素 の イメージセンサー と、 LarganPrecision のレンズが搭載されると伝えていました。
 
リーカー の ジョン・プロッサー氏 は、iPhone14Pro シリーズ の リアカメラ 部は 背面パネル と同一面になると予想しています。
 
 
Source:工商時報
Photo:FRONT PAGE TECH

 

 

 

 

 

iPhone14 は Wi-Fi 6E 対応に〜ただし主要部品が 供給不足 となる可能性も

 

「Wi-Fi 6E」ロゴ(モックアップ) AppleInsider

 

iPhone13シリーズ はWi-Fi 6をサポートしていますが、次のiPhone、つまりiPhone14シリーズ(仮称)は、新しい Wi-Fi 6E に対応することが期待されています。
 
しかし TFSecurities のアナリスト、ミンチー・クオ氏は投資家向けレポートの中で、iPhone14用のWi-Fi 6E主要部品が不足する可能性があると記しています。

 

iPhone14シリーズとヘッドマウント・ディスプレイがWi-Fi 6E対応に

Wi-Fi 6Eとは2020年1月に Wi-FiAlliance が発表した規格で、新たに 6GHz帯の周波数 に対応しています。

クオ氏はAppleが、iPhone14シリーズと、現在開発中とされるヘッドマウント・ディスプレイをWi-Fi 6Eに対応させると以前から予想しており、Wi-Fi 6E対応にすることの利点を次のように説明しています。
 

(前略)(Wi-Fi 6E対応デバイスは)従来のデバイスがアクセスできない6GHz帯が使える。Wi-Fi 6E対応デバイスはWi-Fi 6以前の規格に対応するが、古いデバイスは スーパーハイウェイ (6GHz帯のこと)にアクセスできない。

容量から見ると、6GHz帯というのは59もの他と重ならないチャンネルにアクセスするようなものだ。

つまり スポーツアリーナ や コンサートホール など人が密集する場所でも、干渉されずに通信可能となる。

 

必要な LTCC の数が5倍に

Wi-Fi通信 用として 低音同時焼成セラミックス (LTCC)チップアンテナ が採用されており、クオ氏によれば Wi-Fi6E では必要な LTCCチップ の個数はWi-Fi6  と比べて5倍程度増えるそうです。したがって iPhone14 などを筆頭にWi-Fi 6E対応デバイスが増えれば、2022年にはLTCCの供給がひっ迫すると、同氏は予想しています。

 
 
Source:9to5Mac

 

 


 

iPhoneの故障でお困りの方は、

ぜひスマートクールMOMOテラス伏見桃山店までお問い合わせください!

MOMOテラス伏見桃山店2Fでお待ちしております!

GoogleMap↓

Google口コミ↓

https://g.page/r/CVujNSMdCrOoEAE


ブログ育成中

iPhone iPad修理 ブログ|スマートクールモモテラス伏見桃山店

ホームページ↓

https://smartcool-fushimi.com/

店舗概要

予約サイト↓

https://select-type.com/rsv/?id=BAZ5si5zZKI

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせ下さい

メールでのお問い合わせはこちら